小さな外車・日本車のコレクション

小さい頃のお楽しみといえばミニカーで遊ぶこと!という時期がありました。男友達と遊ぶ機会も多かった為か、ラジコンやお菓子のおまけの車、そしておもちゃのミニカー集めがブームになりました。中でもお気に入りは、友達からプレゼントされたドアが開く車でした!他にも外車や高級車など色んなタイプのミニカーもあったのですが、なぜかその黒いミニカーの方に魅力を感じていました。大切に磨いてみたり、畳の上を走らせて見たりと夢中で遊んでいました。そして友達が来ると自分のお気に入りの車で競争です!後ろにバックさせるとぜんまいが巻かれるようになっていたので、いつもギリギリまで巻いて、「よーいドン!!」とミニカーを走らせました。そして競走が終わると車について語り合いなどをしていました。友達は外車が好きでよくこの車はね!と一生懸命に説明してくれたのを覚えています。

私は代々トヨタです。

正直、他社からもいい車がたくさん販売されているのですが、どういう訳か私個人が購入した車は代々トヨタ車なんです。もちろん毎回、目的に応じて検討しているのですが。ちなみに1台目は4ドアハードトップ。どうしてもハードトップ車にあこがれてたんです。また大人4人がゆったり乗れるということで、2000ccの大き目な車となりました。2台目はステーションワゴン。どうしてもセダン型では利便性に欠け、キャンプに行くなどもあり、2200ccというサイズに買い換えました。自動車重量税も次第に大きくなっていきます(※自動車税の詳細は自動車重量税法を参照)。次はミニバン。希望よりひとまわり小さい2700ccミニバンでしたが、運転席からのウォークスルーもありユーティリティ性は最高でした。現在は大型ミニバンのハイブリット車。ウォークスルー機能はなくなりましたが、ハイブリットにより同じ車種のガソリン車の倍近く燃費が伸びてくれます。この車は気に入っており、来月で7年目の車検ですが、まだまだ乗り続けるつもりです。